胡梅

胡梅

専門分野

胡梅の主な専門分野は紛争解決、建設プロジェクト、及びホワイトカラー職務上のクライムに関するコンサルティングサービスです。

胡梅は、アメリカ、ヨーロッパ、中国における数多くの企業を代表し、国際商会、中国国際経済貿易仲裁委員会、香港国際仲裁センター、インド仲裁委員会等多くの機構で仲裁を行ってきたほか、クライアントを代表し、アメリカの裁判所にて建設プロジェクトや、商業紛争等、種類の異なる訴訟を行ってきました。また、数多くの著名な仲裁や訴訟案件に参与し、クライアントに協力して中国にて国外仲裁裁決を行ってきました。証拠収集、交渉、国際紛争解決、中国における訴訟手続きなどの分野で数多くの論文を出版、発表しています。

胡梅は、中国法、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に関する経済犯罪案件や、贈収賄、インサイダー取引、横領・流用及びそれらに起因しておこる労働紛争等の、内部コンプライアンス調査に参与しました。

このほか、外商投資、エネルギー開発、建設プロジェクトに関する法律事務の処理に長けており、日常的にコンプライアンス審査を行っております。

経歴

2010年に金杜法律事務所に加入しました。金杜への加入前は、アメリカの弁護士事務所の上海駐在事務所にて、マネージャーパートナーを務め、当該事務所国際紛争解決チームの責任者の1人として勤務していました。

1991年メリーランド大学にて法学博士の学位を取得しました。以前はカナダのマギル大学で学び、傑出した学士の学位を取得(1985)した後、中国人民大学にて2年間法学研修生として学びました(1985-1987)。アメリカコロンビア特区、メリーランド州、バージニア州の弁護士資格を取得しています。

業務において使用する言語は、中国語と英語です。

法律論文作者

The International Bar Association (IBA) Dispute Resolution International journal at [2021] DRI.

29 June 2021

The Bureau of Industry and Security (BIS) within the US Department of Commerce has announced in an Advance Notice of Proposed Rulemaking that it is seeking public comments on how it should define and全文

01 September 2020

U.S. litigation can be a long and expensive process involving multiple appeals and extensive discovery.

20 July 2020

We explore the first order under the new interim measures Arrangement that came into effect on 1 October 2019.

11 October 2019