唐麗子

唐丽子

取扱分野

唐麗子弁護士の主な取扱分野は、企業法務、証券、M&A及び会社再編です。

唐弁護士は、証券分野において20年以上のリーガルサービスの経験があります。最も早くに中国企業の組織再編及び国内外の上場プロジェクトに参与した証券分野の弁護士の一人として、これまでに100社余りの企業の組織再編、A株、H株の新規発行及び増発等の国内外の上場プロジェクトを取扱い、その業界はエネルギー、鉱業、交通、機械製造、化学工業、医薬、農業、金融、保険、ハイテクノロジー、そして中国大陸、香港、米国ニューヨーク、シンガポール等の証券取引所に及びます。唐弁護士が取り扱ったプロジェクトの多くが有名な国際評価・表彰機関より年度最優秀プロジェクト賞を授与されています。

唐弁護士は、国内外の上場企業における重大資産再編、M&A及び裏口上場の分野において経験が豊富で、これまでに多くの上場企業を代理し、関連プロジェクトの完成を成功させてきました。例として、国内エネルギー会社の子会社による、自主的キャッシュオファーで海外海洋石油掘削会社の100%持分買収のサポート、国内石炭上場会社の完全子会社による、オーストラリア石炭会社の100%持分買収のサポート、その完全子会社の親会社による、他のオーストラリア企業との株式交換、合併及び上場プロジェクト等の完成のサポートが挙げられます。

唐弁護士はファンド、資産証券化等のストラクチャードファイナンス分野においても豊富な経験を持っています。

経歴

唐麗子弁護士は、1996年に金杜法律事務所に加入しました。金杜法律事務所への加入前には、中国政法大学や対外経済貿易大学法学院のほか、国内コンサルティング会社、某国内法律事務所にて勤務していました。

華東政法大学にて法学学士の学位を取得し、対外経済貿易大学にて法学修士及び法学博士の学位を取得しました。

業務で使用する言語は中国語と英語です。